カトリック手取教会へようこそ! 



「疲れた者、重荷を負う者は、
  だれでもわたしのもとに来なさい。
  休ませてあげよう。
  わたしは柔和で謙遜な者だから、
  わたしの軛(くびき)を負い、
  わたしに学びなさい。
  そうすれば、
  あなたがたは安らぎが得られる。
  わたしの軛(くびき)は負いやすく、
  わたしの荷は軽いからである。」
(マタイ福音書11章28~30節) 

ようこそカトリック手取教会信徒会ホームページにおいでくださいました。


教会は神がおられるところ、神の家です。
誰でも祈ることができる場所です。
神に悩みや苦しみを打ち明けたり、讃美と感謝をささげたり、
困難な状況からの解放を願うこともできます。
個人でも祈ることができ、
共同体としても祈ることができます。
また、教会は神を信じ、
神の望みを行おうとする人の集いでもあります。
完璧な人の集まりではなく、
普通の人が神の望みに従って少しずつ変えられていく場です。
そのために、ともにいることが大切です。 

*どこでも祈ることができますが、
適当な場所を選択することは祈るためにたいへん重要です。
教会の御聖堂は、典礼の祈りと聖体礼拝のための場所です。
(カテキズム566)

【キリスト教入門講座】
定期的に開いています。
ご関心のある方は、事務所(096-352-3030)又は案内所「ぶどうの樹」へお問い合わせください。

【ミサ】
カトリック手取教会では土曜日の午後6時、日曜日の朝9時と11時に主日のミサを行っています。初めての方は是非日曜日のミサにお越しください。

特別なお知らせ

【新型コロナウイルス感染症対策】
5月8日「新型コロナ」5類移行後の対応について

【主日のミサ】
(土曜日)18時~
(日曜日)9時~、11時~の2回

ただし、信徒総会・バザーなど大きな行事がある場合、日曜日ミサは10時~1回だけ

更新履歴 

2024.4.14 ホーム「今週の福音」を更新しました。 

2024.4.14 「信徒の方へ」の各項目(年代層別諸会専門部会地区活動事務所・ぶどうの樹)を更新しました。

今週の福音4月14日

次のように書いてある。「メシアは苦しみを受け、三日目に死者の中から復活する 

(ルカ25・35~48)

イエスは言われた。「わたしについてモーセの律法と預言者の書と詩編に書いてある事柄は、必ず実現する。これこそ、まだあなたがたと一緒にいたころ、言っておいたことである」そしてイエスは、聖書を悟らせるために彼らの心の目を開いて、言われた。「次のように書いてある。「メシアは苦しみを受け、三日目に死者の中から復活する…」(『毎日のミサ』を参考に引用)

今週の福音4月7日

八日の後、イエスが来られた
(ヨハネ20・19〜31)
八日の後、弟子たちはまだ家の中におり。トマスも一緒にいた。…イエスはトマスに言われた。「わたしを見たから信じたのか、見ないのに信じる人は、幸いである」(『毎日のミサ』を参考に引用)

今週の福音3月31日

イエスは死者の中から復活されることになっている
(ヨハネ20・1~9)
 

朝早く、まだ暗いうちに、マグダラのマリアは墓に行った。そして、墓から石が取りのけてあるのを見た。…ペトロが墓に入り、亜麻布が置いてあるのを見た。イエスの頭を包んでいた覆いは、亜麻布と同じ場所には置いてなく、離れた場所に丸めてあった。…もう一人の弟子も入って来て、見て、信じた。イエスは必ず死者の中から復活されることになっているという聖書の言葉を、二人はまだ理解していなかったのである。(『毎日のミサ』を参考に引用)

今週の福音3月24日

主の名によって来られる方に祝福があるように
(マルコ11・1~10)

一行がエルサレムに近づいて、オリーブ山のふもとにさしかかったとき二人の弟子を使いに出そうとして言われた。「向こうの村へ行きなさい。村に入るとすぐ、まだだれも乗ったことがない子ろばのつないであるのが見つかる。それをほどいて、連れて来なさい…」…二人が子ろばを連れてイエスのところに戻って来て、その上に自分の服をかけると、イエスはそれにお乗りになった。多くの人が自分の服を道に敷き、また、ほかの人々は野原から葉のついた枝を切って来て道に敷いた。そして、前を行く者も後に従う者も叫んだ。「ホサナ、主の名によって来られる方に、祝福があるように、我らの父ダビデの来るべき国に、祝福があるように。いと高きところにホサナ」(『毎日のミサ』を参考に引用)


【手取教会の小歴史】

手取教会は、1889年(明治22年)、パリ外国宣教会ジャン・マリー・コール神父の熊本宣教から始まっています。1894年にコール神父によって教会御聖堂と司祭館が現在地に建設されました。現在の教会堂は、1928年(昭和3年)鉄川与助氏の手で完成しました。教会は、「日本の聖母」を保護者にいただいています。
1950年(昭和25年)、F・ハンター神父が着任して、これまでのパリ外国宣教会の司牧から聖コロンバン外国宣教会の司牧へと引き継がれました。2005年(平成17年)聖コロンバン会から現体制へ引き継がれることとなりました。

熊本市の中心市街地、デパートやホテルなどの高層のビルに囲まれた中に緑あふれる都会のオアシス、カトリック手取教会があります。聖堂の中に一歩足を踏み入れれば、そこには外の騒々しさとは別世界の荘厳な雰囲気に包まれた祈りの場があります。 
 
 創立年月:1889年3月15日 

 聖堂献堂年月:1894年7月

  (新聖堂) 1928年5月


 保護の聖人:日本の聖母

カトリック手取教会 MAP

Google Maps のコンテンツは現在の Cookie 設定では表示されません。"コンテンツを見る"を選択し、Google Maps の Cookie 設定に同意すると閲覧できます。詳細は Google Maps のプライバシーポリシーをご確認ください。Cookie の利用は、Cookie 設定からいつでも変更できます.

コンテンツを見る

所在地
 〒860-0845 
 熊本市中央区上通町3-34
 Tel 096-352-3030
 Fax 096-352-1515

窓口受付時間
《事務受付時間》
   日曜日:10~13時
   月曜日と祭日:休み
   火〜金曜日:10〜14時
   土曜日:10〜14時、15〜18時
   ※昼休み:原則12〜13時

カトリック案内所「ぶどうの樹」
《営業時間》
   10〜18時
   定休日:火曜日
   ※祝祭日の休みに関しては週報で連絡
   ※昼休み原則:12:30〜13:30
     お客様の状況によって若干時間を変更することがあります。
Tel・Fax:096-322-7948