カトリック手取教会へようこそ! 



「疲れた者、重荷を負う者は、
  だれでもわたしのもとに来なさい。
  休ませてあげよう。
  わたしは柔和で謙遜な者だから、
  わたしの軛(くびき)を負い、
  わたしに学びなさい。
  そうすれば、
  あなたがたは安らぎが得られる。
  わたしの軛(くびき)は負いやすく、
  わたしの荷は軽いからである。」
(マタイ福音書11章28~30節) 

ようこそカトリック手取教会信徒会ホームページにおいでくださいました。


教会は神がおられるところ、神の家です。
誰でも祈ることができる場所です。
神に悩みや苦しみを打ち明けたり、讃美と感謝をささげたり、
困難な状況からの解放を願うこともできます。
個人でも祈ることができ、
共同体としても祈ることができます。
また、教会は神を信じ、
神の望みを行おうとする人の集いでもあります。
完璧な人の集まりではなく、
普通の人が神の望みに従って少しずつ変えられていく場です。
そのために、ともにいることが大切です。 

*どこでも祈ることができますが、
適当な場所を選択することは祈るためにたいへん重要です。
教会の御聖堂は、典礼の祈りと聖体礼拝のための場所です。
(カテキズム566)

【キリスト教入門講座】
定期的に開いています。
ご関心のある方は、事務所(096-352-3030)又は案内所「ぶどうの樹」へお問い合わせください。

【ミサ】
カトリック手取教会では土曜日の午後6時、日曜日の朝9時と11時に主日のミサを行っています。初めての方は是非日曜日のミサにお越しください。

特別なお知らせ

【新型コロナウイルス感染症対策】
5月8日「新型コロナ」5類移行後の対応について

【主日のミサ】
(土曜日)18時~
(日曜日)9時~、11時~の2回

ただし、信徒総会・バザーなど大きな行事がある場合、日曜日ミサは10時~1回だけ

更新履歴 

2024.6.23 ホーム「今週の福音」を更新しました。 

2024.6.23 「信徒の方へ」の各項目(年代層別諸会専門部会地区活動事務所・ぶどうの樹)を更新しました。

今週の福音6月23日

いったい、この方はどなたなのだろう。風や湖さえも従うではないか(マルコ4・35~41)  
激しい突風が起こり、舟は波をかぶって、水浸しになるほどであった。弟子たちは艫(とも)の方で眠っておられたイエスを起こして「おぼれてもかまわないのですか」と言った。イエスは起き上がって、風を叱り、湖に「黙れ、静まれ」と言われた。すると風はやみ、すっかり凪になった。イエスは「なぜ怖がるのか。まだ信じないのか。」弟子たちは非常に恐れて、「いったい、この方はどなたなのだろう。風や湖さえも従うではないか」と互いに言った。(『毎日のミサ』を参考に引用) 


今週の福音6月16日

からし種はどんな種よりも小さいが、どんな野菜よりも大きくなる(マルコ4・26〜34)
神の国を何にたとえようか。…それはからし種のようなものである。土に蒔くときには、地上のどんな種よりも小さいが、蒔くと、成長してどんな野菜よりも大きくなり、葉の陰に空の鳥が巣を作れるほど大きな枝になる。(『毎日のミサ』を参考に引用)

今週の福音6月9日 

サタンは滅びてしまう(マルコ3・20~35) 

どうして、サタンがサタンを追い出せよう。国が内輪で争えば、その国は成り立たない。家が内輪で争えば、その家は成り立たない。同じように、サタンが内輪もめして争えば、立ち行かず、滅びてしまう。(『毎日のミサ』を参考に引用)

今週の福音6月2日

これはわたしの体である。これはわたしの血である(マルコ14・1〜16,22〜26)
一同が食事をしているとき、イエスはパンを取り、賛美の祈りを唱えて、それを裂き、弟子たちに与えて言われた。「取りなさい。これはわたしの体である。」また、杯を取り、感謝の祈りを唱えて、彼らにお渡しになった。彼らは皆その杯から飲んだ。そして、イエスは言われた。「これは、多くの人のために流されるわたしの血、契約の血である…」(『毎日のミサ』を参考に引用)

【手取教会の小歴史】

手取教会は、1889年(明治22年)、パリ外国宣教会ジャン・マリー・コール神父の熊本宣教から始まっています。1894年にコール神父によって教会御聖堂と司祭館が現在地に建設されました。現在の教会堂は、1928年(昭和3年)鉄川与助氏の手で完成しました。教会は、「日本の聖母」を保護者にいただいています。
1950年(昭和25年)、F・ハンター神父が着任して、これまでのパリ外国宣教会の司牧から聖コロンバン外国宣教会の司牧へと引き継がれました。2005年(平成17年)聖コロンバン会から現体制へ引き継がれることとなりました。

熊本市の中心市街地、デパートやホテルなどの高層のビルに囲まれた中に緑あふれる都会のオアシス、カトリック手取教会があります。聖堂の中に一歩足を踏み入れれば、そこには外の騒々しさとは別世界の荘厳な雰囲気に包まれた祈りの場があります。 
 
 創立年月:1889年3月15日 

 聖堂献堂年月:1894年7月

  (新聖堂) 1928年5月


 保護の聖人:日本の聖母

カトリック手取教会 MAP

Google Maps のコンテンツは現在の Cookie 設定では表示されません。"コンテンツを見る"を選択し、Google Maps の Cookie 設定に同意すると閲覧できます。詳細は Google Maps のプライバシーポリシーをご確認ください。Cookie の利用は、Cookie 設定からいつでも変更できます.

コンテンツを見る

所在地
 〒860-0845 
 熊本市中央区上通町3-34
 Tel 096-352-3030
 Fax 096-352-1515

窓口受付時間
《事務受付時間》
   日曜日:10~13時
   月曜日と祭日:休み
   火〜金曜日:10〜14時
   土曜日:10〜14時、15〜18時
   ※昼休み:原則12〜13時

カトリック案内所「ぶどうの樹」
《営業時間》
   10〜18時
   定休日:火曜日
   ※祝祭日の休みに関しては週報で連絡
   ※昼休み原則:12:30〜13:30
     お客様の状況によって若干時間を変更することがあります。
Tel・Fax:096-322-7948